副業としてもおすすめの占い師業

自宅で好きな時間に好きなだけ働ける形式の占い師……みんなのオンライン占いや電話占いなどは、副業にも向いています。ほかの占いの仕事や会社勤めをしながらでも待機が可能なので、少しの時間でも占い師の仕事ができます。そのため、いま占い師の仕事は副業としても人気が高いです。
そこで占い師を副業にするポイントを紹介します。

占い師を副業にする

みんなのオンライン占いの占い師や電話占い師を例にして副業について紹介します。

自由に待機できる

占い師の仕事は時間の縛りがなく自由に働けるところがポイントです。勤務時間に制限があるところはほとんどないので、一日に10時間くらい待機することもできれば、一日に2時間ほどしか待機しないということもOKです。また、みんなのオンライン占いのように24時間営業のところは待機の時間帯も自分の都合に合わせられますし、土日祝日も営業しているので、仕事との折り合いをつけながら待機することができます。
例えば、平日の9:00~18:00は会社で働き、会社が休みの土日祝に占い師として一日8時間の待機をするということもできますし、平日9:00~18:00の仕事をしてから帰宅後寝るまでの2時間だけ占い師として待機するということも可能です。
どのように待機をするのかは所属先とはもちろんのこと、自分の体や心と相談しましょう。副業のはずが自分に無理をかけるようでは元も子もありませんからね。

自宅で働ける

館などでの対面鑑定と違って、みんなのオンライン占いや電話占いというのは基本的に自宅で仕事ができます。わざわざ占いの仕事をするために外出する必要はありません。なので、時間を無駄にすることなく仕事、鑑定、休憩、雑務に使えます。そのためより多く鑑定に時間を費やすことができますし、大気の合間を縫って家事や食事など家ですべきことを済ませることもできます。本業と副業で働きながらも時間を有効に使えるというのがポイントです。

占い師としての技術が磨ける

店舗などの対面鑑定と大きく違うのは、みんなのオンライン占いや電話占いは文字や声などの限られた情報のみでやりとりをしなければならないというところです。対面では鑑定の様子や身振り手振りなども含めてさまざな手段で相談者に結果を伝えることができます。しかしみんなのオンライン占いでは文字のみ、電話占いでは声のみのやりとりとなるので、相手の話を聞くのも鑑定結果を伝えるのもひと工夫必要です。
副業とはいえ本気で占いを仕事にしたい人、いずれは占い師を専業にしたいと考えているのなら、そういったことも気にしながら占い師としてのあり方を学んでいかなかればなりません。副業で短い時間の待機かもしれませんが、こつこつと積み重ねていくことで占い師としての成長が見込めます。
援しています!